投資を始めた方も、投資がうまくいかない方も投資のプロである投資顧問に相談しましょう!投資顧問にも良し悪しがあります。悪い投資顧問に引っかからないためにも投資顧問について知ってから投資を始めましょう!

投資についてプロに相談しに行くビジネスマン

インフレに逆行する時代にはコスモス薬品に投資しよう

日本の経済がインフレと逆行する動きを見せ始めて、かなりの期間が経過しようとしています。かつても、日本では景気の低迷の煽りを受けて、インフレが働かない状況が続いていました。また今回も、同様の動きを見せ始め、そうした景気低迷の動きは長期化する可能性も見せています。
インフレに逆行した形で経済が進んでいくと、人々の消費マインドが委縮してしまします。消費マインドが委縮すると、消費に対して積極的な意識を持つことができず、節約や貯蓄に資金を振り分けてしまいがちです。こうした流れは、国内中に蔓延しやすく、ほとんど全ての国民が消費を良くないものとして捉えるようになるのです。消費をしなくなると、経済に勢いがなくなり、一般的な日本企業は業績の下押し圧力を受けやすくなります。株式会社である場合には、株価の下落幅が大きくなり、企業だけでなく投資家にも悪影響を与えかねない状況に発展してしまうのです。
ですが、こうした消費マインドが冷え込んだ状況であっても、業績を着実に伸ばす企業もあります。それが、デフレに強い企業と呼ばれる、低価格の商品を主に扱う企業です。その代表格として、今高い注目を集めているのが、コスモス薬品です。西日本を中心に店舗数を増やしつつあるドラッグストアであり、人気もますます高まっています。
ではなぜ、コスモス薬品が節約志向の消費者の支持を集めるのか、それについて考えます。現在のドラッグストアは、医薬品だけでなく、食品や生活必需品なども扱うのが一般的です。コスモス薬品は、日々の生活に欠かせない食品や生活必需品の価格が、他のスーパーなどと比較しても圧倒的に安いと評判です。こうしたことから、インフレに逆行する時代であっても業績をアップさせることができるため、投資において最も注目しておくべき企業の1つと言えるのです。