投資を始めた方も、投資がうまくいかない方も投資のプロである投資顧問に相談しましょう!投資顧問にも良し悪しがあります。悪い投資顧問に引っかからないためにも投資顧問について知ってから投資を始めましょう!

投資についてプロに相談しに行くビジネスマン

投資のセキュリティや寄与度について

セキュリティという言葉の意味、キーワードの意味については「防犯」または「担保」という意味で使用されていることが多い単語です。

投資に関するものであれば、個人情報などのセキュリティというように、使用されることが多く、投資信託などを利用してくださっているお客様の個人情報を守るために、銀行などが、このような「セキュリティ」について、とても重要に考えていることなどがあります。

個人情報が漏れる、漏出してしまうことによって、お客様の資産などが分かってしまうケースもあるため、このようなセキュリティは非常に大切なものである、と金融関係者の間では認識されています。

ところで、「投資」というキーワードについてですが、こちらは「投資信託」などという言葉があるように、ある一定の財産やお金などをお持ちの方などに、資産運用のために、ご自身、または銀行の営業マンなどがお客様におすすめする、将来的に利益が見込めるのではないか、という商品を説明するときに使われる言葉です。

また、自分自身で投資をやってみたい、ということから、ネットバンキングなどを開いて、そこから株を購入し、投資を始める人もいます。

ただ、成功するかしないかについては運によるものが大きく、なかなか一概に成功する世界とは決して言えません。

「寄与度」というキーワードについては、「寄与してくれた度合い」などというように、言い換えることが出来るように、例えば株などであれば、多くの株を持ってくれているお客様ほど、その会社を応援してくれている、という意味などになりますので、「寄与度が高いお客様」というように呼ぶことが出来ます。

株式会社などの場合には、投資などもそうですが、お客様が株などを購入してくれることによって、成り立っている面があるため、このような「寄与度」という言葉が使われることがあります。